12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

考えてる

2013/01/24

ある日、お風呂のドアを開けた後、部屋に新しいシャンプーを取りに戻った。
再びお風呂に向かう私を追い越し、お風呂へ走っていくネオン。
入り口で踏みこみ、浴槽に向かって思い切りジャンプ!
華麗に!何の迷いもなく!

その姿が目に焼きついてしまったので、絵にしてみた。
neonnoe1.jpg

プリッとした迷いのないオシリを見ながら「あぁ、この子は浴槽がいつもカラだと思ってるんだな」
と、再認識。
実際この日もカラだったので、ドボーン!となることはなかったのだけど。
今後もお湯は抜いて、気をつけておかなくちゃ~。

ある朝、出かけようと玄関に向かっていた。
ネオンが「ねーくんも行くー!」と追いかけてきた。
あれ。珍しいな。
昼間や夜、外出しようとすると追いかけてきて大騒ぎするけど、朝は追いかけてこないのに。
仕事に行くってわかってるようで。

そう思ってると、途中でクルッとUターンしてスタスタと部屋に戻っていった。
「ねーくん間違えちゃった。朝だった。」と気付いたのかな?
ネオンはネオンなりに、ちゃんと理由があって行動してるんだなぁ。

“やりたいようにやる。だって猫だもの。”
だからやられて困ることは、出来ないようにする。
ネオンから学んだことのひとつ。
最初の頃こそ悲鳴を上げたり、あたふたしてたけど、慣れればどうってことない。
猫と人間。ちゃんと折り合いを付けながら暮らしていけるのだ。

私を見上げるネオンの目。安心しきってる目。
他の動物に怯えたり、空腹に苦しんだり、寒さや寂しさに耐えたり、病気に感染したり・・・かつてはネオンと同じように飼い主さんを見上げていた子が辛い目にあってます。

121226aion.jpg

スポンサーサイト
23:58 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。